変形性膝関節症 拘縮

関節

 

変形性膝関節症とは、膝の関節軟骨がすり減ってなくなっていき、膝関節にかかる衝撃が吸収できなくなります。
それにより膝の骨同士がぶつかり、膝関節が変形してくる症状です。

 

 

変形性膝関節症の症状が悪化してくると、次第に関節の可動域が狭まり、動きが制限されるようになります。

 

これを拘縮(こうしゅく)といいます。

 

 

膝の関節が痛いとどうしても足を使うことを避けるようになりますが、関節を動かさないままでいると、関節を動かすために必要な周囲の筋肉や靭帯などが衰えて萎縮していきます。

 

ある程度進行した変形性膝関節症の方は、関節周囲がこわばったような感じがして、膝を深く曲げられない、あるいは十分に伸ばすことができないということを経験されているでしょう。

 

放置しておけば拘縮の度合いは進み、歩行するのも困難になります。

 

またひざ関節に拘縮が現れると、バランスのよい動きができなくなるために、ほかの関節や筋肉にも悪影響が及ぶことも懸念されます。これを防ぐためにも、多少の痛みはあっても、簡単なストレッチを毎日の習慣とし、少しずつ関節を動かし可動域を保つようにした方がいいです。

 

膝に負担を掛けないで関節の可動域をトレーニングできるソフト屈伸というものがあります。

 

ソフト屈伸

関節

 

軽く膝を曲げ伸ばしします。
@立った状態から、その場で両足を軽く曲げてください。少しだけかがむ感じです。

 

A椅子に座った状態で、膝の痛みがあるほうの足をゆらすように曲げて伸ばしてください。

 

@とAを10回程度行ってください。
無理をせず痛みがあってつらい場合は、我慢せず出来る範囲で結構です。

 

 

 

 

変形性膝関節症の改善は、軟骨を増やすことが有効です。
軟骨の成分であるプロテオグリカンは、関節を動かす運動をすると膝の血行が良くなり増えてくるんです。

 

ただしあまり無理な運動をすると逆効果で膝を痛めることにもなりかねません。
そこでおすすめしたいのが、軟骨成分であるプロテオグリカンをサプリメントで直接摂取する方法です。

 

 

関節

 

大手総合飲料メーカーのダイドードリンコ(DyDo)が販売しているロコモプロは、プロテオグリカンという軟骨成分そのもののが入ったサプリメントです。

 

軟骨を無理な運動はしないで、効率良く増やせるのでおすすめです。

 

 

 

ロコモプロを継続的に飲むことで、多くの方が膝の痛みがなくなったと実感しています。

 

椅子に座っていても、すぐに立てるようになりました。

 

階段の下りるのがつらくなくなりました。

 

お友達と楽しく話ながらウォーキングしています。

 

あなたも痛みのない生活を取り戻しましょう!
今ならわずか980円で15日間のお試しができますよ。

 

ロコモプロ