変形性膝関節症 痛み

変形性膝関節症について

関節

 

変形性膝関節症とは、その呼び名が示すとおり、膝関節が変形し痛みが起こる症状です。 膝の痛みの原因は、ほとんどがこの変形性膝関節症によるものです。

 

 

なぜ変形性膝関節症になるのでしょうか?

 

 

それは、膝の関節軟骨がすり減っていくことによって膝関節にかかる衝撃を上手く吸収することが出来なくなるからです。

 

 

変形性膝関節症は、50代以降の女性が多く、男性でも60代以降では珍しくありません。
一概に変形性膝関節症といっても進み具合によって段階があります。

 

それでは変形性膝関節症の段階について説明していきます。

 

【変形性膝関節症 初期】

 

初期の段階では、関節軟骨の表面が毛羽立ったような状態になっています。
しかしはっきりとした痛みは感じられず、わずかに膝がこわばる感じがあったり、朝起きた時に若干の痛みを感じるほどなので、見過ごしてしまう方がほとんどです。
初期のわずかな痛みは、体を動かしているうちに消えてしまうので、自覚症状はほとんどありません。

 

 

 

【変形性膝関節症 中期】

 

ところが、段々と関節軟骨が削り落ちて薄くなっていくと、いずれ関節軟骨の下の骨が露わにしてしまいます。
また骨と骨の隙間が狭くなり、直接擦れる部分が至るところに生じるようになります。
骨は、直接擦れるなどの刺激を受け続けると、すり減った部分を補うために組織を再生させる働きがあります。
この骨を再生させる働きにより、次第に棘のような形状のもの・・・いわゆる骨棘になっていきます。

 

こういった症状が見られる中期の段階に達したら、はっきりとした痛みを自覚するようになります。
痛みにより、正座ができないしゃがめない階段を下りる時に膝が痛いなど日常生活に支障が出てくるようになります。

 

また、膝が腫れたり熱をもったりすることがありますが、これは関節内部での炎症によるものです。

 

 

 

【変形性膝関節症 後期】

 

変形性膝関節症の進行が最終段階に進むと、関節軟骨は完全に削りとられ、関節の隙間がなくなってしまいます。
また、削り落ちた関節軟骨の組織に含まれるピロリン線カルシウムの結晶が関節内に溜まります。
この結晶が関節軟骨表面や半月板に沈着すると関節軟骨石灰化症が起きたり、激しい痛み発熱を伴う偽痛風などの症状が出ることがあります。

 

また膝の関節軟骨は内側がより削れやすいために、症状の進行とともにO脚になっていきます。
変形性膝関節症の末期の段階では、誰の目にも異常が起きていることがわかるほど足が変形してしまいます。
また、痛くて歩けないので、、家に引きこもったり、精神的にもふさぎ込むなど心身双方に悪影響を及ぼします。

 

わずかな動きでも激痛が伴うので、慢性的な運動不足になり、筋力の衰えや肥満が目立ち、ますます膝に大きな負担を与えることになります。

 

膝に違和感を感じたら、早めに対策が必要です。
関節痛には関節軟骨を増やすことが効果的です。

 

▼コチラは、軟骨を増やすサプリメントのロコモプロについて詳しく紹介しているページです▼
>>ロコモプロの口コミと効果について